文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

密蔵院

  1. ホーム
  2. せたがや文化散策マップ
  3. 密蔵院

密蔵院 (みつぞういん)

所在地 桜上水2丁目24番地6号 密蔵院 [マップで表示

 天正の頃、下野国都賀郡水代の城主榎本河内重泰は、故あって城を退き、その子文右衛門氏重と共に当地を訪れた。当寺世田谷城主吉良氏の家人で地頭であった鈴木新平重貞と親しくなり、天正8年(1580)ここに居を定めた。
 その後、下野国都賀郡の僧頼慶法師が榎本父子のもとを尋ね、鈴木重貞とも親しくなった。
 重貞は、法師の学徳共にすぐれた高僧であるのに深く帰依し、当所にあった観音堂に住まわせた。
 慶長3(1598)年重貞の養子但馬貞宗が観音堂を再建し、一寺として頼慶和尚を住職としたという。
 本尊は不動明王立像。宝暦12(1782)年9月に本郷六左衛門が彩色して安置したという。
 観音堂には百体の観世音菩薩をまつる。
 延享元(1744)年に建立されたという村内の安楽寺を明治8(1875)年に合併している。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.