文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 喜多見慶元寺双盤念仏行事の記録動画を掲載しました
その他

掲載日:2019年8月22日

喜多見慶元寺双盤念仏行事の記録動画を掲載しました

世田谷区の歴史、民俗、遺跡など文化財関連の記録映画を制作しています。

区指定無形民俗文化財「喜多見慶元寺双盤念仏行事」は、2018年11月24日の十夜法要の時の記録です。

双盤念仏は法要の際に大きな鉦(かね)を互いに打ち鳴らし、抑揚のついた念仏を唱えるものです。喜多見双盤念仏は、江戸時代に奥沢の浄真寺から伝えられたといわれています。昭和18年(1943年)頃には一時中断し、昭和49年(1974年)になって復活しました。地元の人々で構成される講が行う双盤念仏は、区内では慶元寺のみで、極めて貴重な民俗行事となっています。

喜多見慶元寺双盤念仏
画像 喜多見慶元寺双盤念仏

【関連項目】文化財記録映画紹介

・世田谷区指定無形民俗文化財(民俗芸能) 喜多見慶元寺双盤念仏行事(動画) [https://setagayadigitalmuseum.jp/movie/]

・喜多見慶元寺双盤念仏行事 [https://setagayadigitalmuseum.jp/collection/21632/detail/1079418/]

・区役所ホームページ せたがやの文化財 [https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/bunka/001/004/d00128505.html]

 

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.