文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

ジュニア講座

  1. ホーム
  2. ジュニア講座
  3. 武士の世の中
平安時代から鎌倉時代の世田谷

掲載日:2019年3月19日

武士の世の中

 平安時代には、各地で「武士」とよばれる人があらわれました。世田谷区内では、この頃にかつやくした武士の記録は残っていませんが、世田谷区の南西、狛江市から喜多見あたりには、平安時代の遺跡(いせき)が見つかっています。

 その中でもとくに注目されるのが喜多見陣屋遺跡(きたみじんやいせき)です。喜多見陣屋遺跡では、施釉陶器(せゆうとうき)とよばれるやきものがたくさん見つかっています。これらのやきものは当時の高級品で、限られた人だけが手に入れられるものでした。
 また、喜多見陣屋遺跡では、11世紀から12世紀に人が住んでいたあとも見つかっています。この頃にも施釉陶器や中国で作られた高級な磁器(じき)が見つかっており、喜多見に有力者がいたことをうかがわせます。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.