文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

ジュニア講座

  1. ホーム
  2. ジュニア講座
  3. 木田見氏と熊谷家文書
鎌倉時代から室町時代の世田谷

掲載日:2019年3月19日

木田見氏と熊谷家文書

 鎌倉時代から室町時代にかけての世田谷の様子を知る手がかりはあまりありません。しかし、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定されている「熊谷家文書」(くまがいけもんじょ)には、世田谷の木田見郷(きたみごう、今の世田谷区喜多見)にかかわる記録が残されています。
 これによると、この頃の木田見郷には、木田見氏(きたみし)という武士が領地を持っていました。木田見氏と熊谷氏が、木田見郷の領地の相続(そうぞく)をめぐってあらそったため、「熊谷家文書」に木田見郷についての記録がのこったのです。木田見氏と熊谷氏のあらそいは長く続き、鎌倉時代が終わるころまで、木田見氏がこの地域に領地を持っていたことがわかっています。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.