文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

石井家文書

  1. ホーム
  2. デジタルコレクション
  3. 石井家文書
歴史 資料群

石井家文書

資料ID 12
分類 文書類 > 石井家
員数 195点
文化財指定 区指定 有形文化財(古文書)
文化財指定日 平成21年12月10日

石井家文書は、そのほとんどが旧大蔵村出身の文人・石井至穀の著作で占められている。至穀は、安永7年(1778)、大蔵村の名主を勤める家に生まれた。江戸で学んだのち、大蔵村に帰り家督を継ぐが、これを弟に譲って御家人株を買い、幕臣となった。幕府の編纂する「古今要覧」編集にたずさわり、主任・屋代弘賢から考証学を学んだ。自らも数多くの歴史書を著し、74歳で書物奉行となった。これらの著作は世田谷の郷土史を知る上でも、極めて重要な史料である。

件名(195件中 5件表示)

歴史 件名

田畑水帳写し書渡し方覚(前欠)

年代:享保15年12月24日

歴史 件名

好物雑書 養蚕雑記 全

年代:寛政7年5月

歴史 件名

当流秘伝茶湯聞書 全

年代:享和元年8月19日

歴史 件名

和漢年契

年代:文化 2年 2月

歴史 件名

諸家囲の図 二

年代:文化7年4月17日

もっと見る

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.