文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

郷土資料館とは

  1. ホーム
  2. 郷土資料館
  3. 郷土資料館とは

都内で最初に開館した公立博物館

資料館正面の画像

資料館正面

世田谷区立郷土資料館は、世田谷区政30周年事業の一環として昭和39年9月10日に都内で最初に開館した公立博物館です。旧世田谷代官大場家、故大場信続氏の協力により、同代官屋敷敷地内に、日本近代建築の歴史に大きな足跡を残した建築家・前川國男氏の設計で建てられました。
その後、収蔵資料の増加により施設が手狭となったので、昭和62年に新館を増築しました。
平成26年9月10日で開館50周年を迎えました。

世田谷区内を中心としたの歴史・民俗・考古資料等の収集・保存、展示、調査・研究を行い、年1回の特定のテーマについての特別展示や、「せたがやホタル祭りとサギ草市」、「世田谷のボロ市」に合わせた季節展示を開催しています。
皆様のご来館をお待ちしております。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.