文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

せたがや歴史文化物語

  1. ホーム
  2. せたがや歴史文化物語
  3. 011世田谷の湧水をめぐる

011世田谷の湧水をめぐる

 世田谷区内には100ヶ所以上の湧水が確認されていますが、ちゃんと水が流れ出ている湧水はほとんど国分寺崖線沿いにあります。地層の隙間からしみ出た水が集まって流れを造っていくのです。
 人の暮らしにはいにしえの時代から水の利用が欠かせません。縄文時代を生きた人々も、水の利を得やすい場所に住居を構えていました。
 成城・上神明遺跡は、崖下から湧水が今も豊富にわき出るところです。江戸時代には、田に引く水をあたためてから利用するため、三つの小さな溜まりをつくっていたことから「みつ池」緑地の名の由来となりました。
 大蔵3~4丁目にかけて国分寺崖線下、仙川に沿って湧水が流れる場所があります。崖線上の大蔵遺跡は、旧石器時代からつづく集落跡です。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.