文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

次大夫堀公園民家園とは

  1. ホーム
  2. 民家園
  3. 次大夫堀公園民家園
  4. 次大夫堀公園民家園のとは

次大夫堀公園民家園の施設

昭和63年11月に開園した次大夫堀公園民家園は、名主屋敷(主屋1棟と土蔵2棟)、民家2棟、表門などを復原し、公園内の次大夫堀や水田とあわせて、江戸時代後期から明治時代初期にかけての農村風景を再現しています。

次大夫堀公園民家園の施設の画像

旧加藤家住宅主屋

旧加藤家住宅主屋の画像

区内喜多見に建っていました。
江戸時代後期に見られる典型的な農家の間取り形式(整形四ツ間取り)を持ちます。
また、家の内外には、養蚕を行うための造りが多くなされています。
詳しくはこちら

旧秋山家住宅土蔵

旧秋山家住宅土蔵の画像

区内深沢にありました。文政13年(1830)頃に建てられたものです。
土蔵造りは、火災に強い構造となっています。
旧安藤家住宅の外倉という設定で復原されています。
詳しくはこちら

旧城田家住宅主屋

旧城田家住宅主屋

区内喜多見の登戸道、筏道の主要な道が交わるところに建っていました。
農業の外に、商いも営む半農半商の家でした。
家の造りにも、町場で見られる店造りの形式が、多く取り入れられています。
詳しくはこちら

旧谷岡家住宅表門

旧谷岡家住宅表門の画像

区内深沢にありました。天保9年(1838)に建てられたものです。
門の穀倉と納屋は、元々それぞれ別棟だったものを、天保9年に門構えを加え一棟の長屋門としています。
門の位置は、街道を再現した道に沿って復元しました。
詳しくはこちら

旧安藤家住居主屋及び内倉

旧安藤家住居主屋及び内倉の画像

江戸時代後期に建てられた旧大蔵村の名主家です。
家が繁栄し、屋敷構えが整ったと推定される明治中期の姿に復原しました。
式台をはじめ、名主の役宅を兼ね備えた間取りは、内倉の付く八間取り形式です。
内倉は外倉として建てられていたものを、内倉に転用して復原しました。(詳しくはこちら

消防小屋と火の見櫓

消防小屋と火の見櫓の画像

各村々で組織されていた消防組の組員詰所として再現されています。
櫓の半鐘は、元々宇奈根地区で使われていたものです。
この他に、鍛冶展示小屋、藍展示小屋もあり、かつて世田谷で行われていた職人の技の再現にもつとめています。

その他

その他の画像

次大夫堀公園の名の由来ともなっている「次大夫堀」とは、稲毛・川崎領(現神奈川県川崎市)の代官であった小泉次大夫の指揮により、慶長2年(1597)から15年の歳月をかけて開発された農業用水です。
正式には「六郷用水」といい、多摩川の水を取り入れ、世田谷領(現狛江市の一部・世田谷区・大田区の一部)と六郷領(現大田区)を流れる全長約23.2kmのものでした。
以後、昭和に至るまで350年余の間、周辺住民の農業・生活用水として欠かせない存在でした。
農業用水としての役割を終えたあと、昭和55年に、公園内にかつての流路600mが次大夫堀として復元されました。
現在、区内の六郷用水は、丸子川として一部分のみ残っています。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.