文字サイズ
背景色の変更

ここから本文です。

岡本公園民家園とは

  1. ホーム
  2. 民家園
  3. 岡本公園民家園
  4. 岡本公園民家園のとは

岡本公園民家園の施設

昭和55年12月に開園した岡本公園民家園は、旧長崎家住宅主屋と土蔵1棟、椀木門を復原し、江戸時代後期の典型的な農家の家屋敷を再現しています。

岡本公園民家園の施設の画像

旧長崎家住宅主屋

  • 旧長崎家住宅主屋の画像1
  • 旧長崎家住宅主屋の画像2

区内の瀬田に建っていた、江戸時代後期の建物です。
長崎家は村の民政を行っていた村方三役の一つ、百姓代を勤めていた家でした。
主屋の間取りは、創建当時広間型形式と推測されています。
その後、文政期に当家が百姓代になると、室内空間を拡大するために、現在復原されている喰違い四ツ間形式へと増改築されたと考えられます。(詳しくはこちら

旧浦野家住宅土蔵

旧浦野家住宅土蔵の画像

区内喜多見に建っていたこの土蔵は、江戸時代末期のもので、かつては穀倉として使われていました。(詳しくはこちら

旧横尾家住宅椀木門

旧浦野家住宅土蔵の画像

大正13年(1924)、区内桜に建てられたこの門は、数寄屋風の形式で造られています。
農家の形式とは異なることから、ここでは岡本八幡神社の参道に面した場所に、裏門として復原しました。

世田谷デジタルミュージアム

Copylight(C)2019 Setagaya City.All rights reserved.